※pdf版はこちらからダウンロードいただけます。

新しいオリンピック・パラリンピックの発信地

青海・台場・有明を含む臨海副都心エリアは、新たな開発が進む「新しい街」です。
東京2020オリンピックで採用された「新しいスポーツ」の競技会場が集約され、大会関連施設と街を共存させる「新しい大会の形」により、訪れる人にとって魅力的なエリアの実現を目指します。
臨海副都心エリア全体「TOKYO WATERFRONT CITY(トーキョーウォーターフロントシティ)」と銘打ち、誰もが大会を楽しめる新しいオリンピック、パラリンピックの発信地です。


お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください